第3回トップカメラスタッフ星空撮影研修会

実は夏の天の川を撮影するには絶好のシーズン!

夏の天の川の撮影は、3~5月が絶好のシーズンです。とくに3月上旬は、まだまだ冬の寒さですが、雲も少なく空気が澄んでいて星空撮影には最適です。ただし、撮影時間は深夜~明け方になります。

プラネタリウムソフトによる当日3:00の様子

日時・場所など

日時 平成31年3月13日(水)AM1:00~AM4:00
場所 三重県北牟婁郡紀北町三浦(豊浦公園)※トイレ有
参加 自由(無料) どなたでもご参加できます。
内容 夏の天の川を撮影します。(星景写真・タイムラプス・天体写真など。)

必要なもの

デジタル一眼カメラ 高感度ISO3200でもノイズが少ないカメラを推奨。
レンズ 35mm換算で20~28mmくらいが使いやすい。
ソフトフィルター 天の川撮影では、好みが割れるところです。
三脚 なるべくしっかりしたもの。
リモートコード タイマー付が便利。
レンズヒーター 結露防止。日本では必需品。
メモリーカード RAWでたくさん撮れるように大容量を推奨。
予備バッテリー 電池切れはとても悲しい・・・。
防寒着 まだまだ寒いですよ。
赤色灯付ヘッドライト ハンディライトでは撮影準備が困難です。赤色灯は夜間撮影のマナーです。
ポータブル赤道儀 ワンランクアップの星空撮影に。
パーマセルテープ ピントリングの固定に使います。しっかり貼れて、きれいに剥がせます。
スマホアプリ iOSなら、SkySafariをおすすめ。

注意事項

  • 本研修会は、スタッフの研修が目的ですが、一般の方のご参加も歓迎いたします。
  • 万一の事故などの責任は、一切負いかねます。
  • 道中の運転には十分にお気を付けください。
  • 体調には十分お気を付けください。
  • 食べ物・飲み物はご用意がありません。各自ご用意ください。
  • 睡眠は十分お取りください。
LINEで送る
Pocket

 ページの上部へ