ポラリエとスカイメモSどっちがいいか?実際に使用して比較しました

※この記事は店頭用です。展示機で確かめながらお読みください。

お客様より、よく質問があります。

価格も同じくらいで、よく比較される者同士です。

仕様比較

製品名 ビクセン ポラリエ ケンコー スカイメモS
歯数 144枚 144枚
モーター パルスモーター DCサーボモーター
搭載可能重量 雲台含めて2.0kg以下 約5kg(パーツ・ウエイト等含む)
重量 740g 約1kg
電源 単三形アルカリ乾電池2本(約2時間)・外部電源対応 単3形アルカリ乾電池4本(約72時間)・外部電源対応
極軸合わせ のぞき穴 内蔵極軸望遠鏡
雲台プレート 1/4カメラネジ 3/8カメラネジ
純正オプション 極軸望遠鏡・パワーアップキット・極軸微動雲台・ポーラメーターなど 微動雲台・微動台座&アリガタプレート・バランスウエイトなど
価格 店頭にてご確認ください
おすすめ同時購入オプション ポーラメーター 微動雲台

実際に使ってみて気づくこと

ポラリエ

凹凸が少なく薄く、収納に困りません。とても楽です。

雲台プレートを本体に固定するネジが貧弱で、とても使いづらい。

北極星のぞき穴は、私世代(40代後半)には暗くて何も見えません・・・。セッティングにはポーラメーターを使用することをおすすめです。

オプションのパワーアップキットを取り付けるとドイツ式になります。パーツ一つ一つとてもしっかりと作られていて、とてもスムーズに動作します。しかし、ポラリエが薄型横長の形状ということと微動雲台が小さいためたわみが発生しやすく、慎重な取り扱いが必要となります。

望遠ズームの250mm・露光時間2分で星が流れることなく撮影することが出来ました。

スカイメモS

意外と収納に困ります。意外とカメラバッグのスペースをとります。また、必携の微動雲台も取り扱いに注意が必要ですのでこれもスペースをとってしまします。

極軸合わせは、極軸望遠鏡を覗きながら微動雲台で調整しますが、締め付けの時にずれるので最初は手こずります。極軸合わせには説明書にも載っていないスマホアプリを使った裏技があります。

雲台プレート固定のクランプはしっかり止めれるのですが、あまり強く締めすぎると、緩める際に極軸がくるってしまいます。

微動雲台&アリガタプレートとバランスウエイトは本体とのバランスが非常によく、使い勝手がいいです。標準レンズ~中望遠で、星野写真・天体写真を気軽に楽しめます。こちらも望遠ズームの250mm・露光時間2分で星が流れることなく撮影することが出来ました。

結論 選び方

機械の精度の差はそれほどないと思います。

軽量一眼レフで星景写真を手軽に楽しみたいという方には、ポラリエ。

星景写真だけでなく、星野写真や天体写真なども撮ってみたいという方や少し大きめのカメラを使用する方にはスカイメモS。

その他

星景色モード・20mm前後のレンズ・露光時間1分での撮影がおススメです。星も景色もほぼ流れない写真が撮れます。

三脚は許せる限り、なるべく重いものをおススメします。脚は1段だけ伸ばして使います。

別途自由雲台が必要です。

 ページの上部へ