トップカメラ撮影研修会

星空撮影を行います

令和第一弾の星空撮影会は、面の木ビジターセンターで天の川を狙います。また、南の空が光害で黄色くなりますので、新製品のケンコー スターリーナイトフィルターをテストします。ご参加される方は、ぜひこのスターリーナイトフィルターをご用意ください。

場所・スケジュール

日時 令和元年5月8日 20:00ごろから
※悪天候(曇りでも)の場合は中止します。
場所 面の木ビジターセンター駐車場
※天候により大幅な変更あり
内容 天の川の撮影
その他 新製品「スターリーナイトフィルター」のテスト
参加資格 自由

持ち物

デジタル一眼 交換レンズ メモリーカード
三脚 リモートコード(タイマー付がベスト) 結露対策
予備バッテリー ※スターリーナイトフィルター ソフトフィルター
ポータブル赤道儀 ポータブル赤道儀用雲台
ヘッドライト(赤色灯付) スマホ(プラネタリウムアプリ)
食料 防寒具

当日の星空

22:00ごろに天の川が昇ってきます。

クリックするとGIFアニメが再生されます。

ご注意

  • 現地までの道中および現地での事故等一切の責任を負いかねます。夜ですので十分ご注意ください。
  • 撮影をするだけです。特に講座・セミナー等はありません。
  • 近くにコンビニはありません。

第三回星空撮影会ギャラリー

平成31年3月12日(火)、三重県紀北町にて第3回星空撮影会を開催しました。
深夜0時まで曇っていましたが、天の川が昇ってくる2時には晴天となり、絶好の天の川撮影日和となりました。

「天の川」
canon EOS KissX4
sigma 18-35mmF1.8DC Art
kenko スカイメモSで追尾(地上はブレてしまいます。)
120秒 F1.8 ISO800
「天の川2」
canon EOS KissX4
sigma 18-35mmF1.8DC Art
kenko スカイメモSで追尾+地上固定画像合成
120秒 F1.8 ISO800
「天の川中心付近」
canon EOS KissX4
sigma 18-35mmF1.8DC Art
kenko スカイメモSで追尾
180秒 ISO800
「干潟星雲」
canon EOS 60Da
屈折式天体望遠鏡
ビクセンGP2で追尾撮影
180秒 ISO3200
「ボーデの銀河」
canon EOS 60Da
反射式望遠鏡
ビクセンGP2で追尾撮影
60秒x10枚

フジX星空撮影セミナー

第3回トップカメラスタッフ星空撮影研修会

実は夏の天の川を撮影するには絶好のシーズン!

夏の天の川の撮影は、3~5月が絶好のシーズンです。とくに3月上旬は、まだまだ冬の寒さですが、雲も少なく空気が澄んでいて星空撮影には最適です。ただし、撮影時間は深夜~明け方になります。

プラネタリウムソフトによる当日3:00の様子

日時・場所など

日時 平成31年3月13日(水)AM1:00~AM4:00
場所 三重県北牟婁郡紀北町三浦(豊浦公園)※トイレ有
参加 自由(無料) どなたでもご参加できます。
内容 夏の天の川を撮影します。(星景写真・タイムラプス・天体写真など。)

必要なもの

デジタル一眼カメラ 高感度ISO3200でもノイズが少ないカメラを推奨。
レンズ 35mm換算で20~28mmくらいが使いやすい。
ソフトフィルター 天の川撮影では、好みが割れるところです。
三脚 なるべくしっかりしたもの。
リモートコード タイマー付が便利。
レンズヒーター 結露防止。日本では必需品。
メモリーカード RAWでたくさん撮れるように大容量を推奨。
予備バッテリー 電池切れはとても悲しい・・・。
防寒着 まだまだ寒いですよ。
赤色灯付ヘッドライト ハンディライトでは撮影準備が困難です。赤色灯は夜間撮影のマナーです。
ポータブル赤道儀 ワンランクアップの星空撮影に。
パーマセルテープ ピントリングの固定に使います。しっかり貼れて、きれいに剥がせます。
スマホアプリ iOSなら、SkySafariをおすすめ。

注意事項

  • 本研修会は、スタッフの研修が目的ですが、一般の方のご参加も歓迎いたします。
  • 万一の事故などの責任は、一切負いかねます。
  • 道中の運転には十分にお気を付けください。
  • 体調には十分お気を付けください。
  • 食べ物・飲み物はご用意がありません。各自ご用意ください。
  • 睡眠は十分お取りください。

第二回トップカメラ撮影研修会レポート(星空撮影会)

店長ですが、10月9日に長野県下伊那郡平谷村の長者峰にて第二回トップカメラ撮影研修会を行いました。第一回は曇り空のため、撮影が出来ませんでしたので実質今回が第一回です。

現地は、名古屋から車で約2時間と比較的近くにもかかわらず、街の光の影響を受けず、最高の星空が見えるところです。標高1500mのところにあり、360度見渡すことができ、まさに天然のプラネタリウムといったとこです。星の数は半端なく、もちろん天の川もはっきりと見ることができます。また、観測用の展望台(?)や山小屋、トイレもあり、安心して星空を楽しむことができます。

19:00ごろからあたりが暗くなり、撮影を開始しました。天の川が南西方向より垂直に伸び、天を2分するさまが壮大でした。まずは、この天の川を入れた風景写真を撮り始めました。同時に上空の夏の大三角形をポータブル赤道儀スカイメモSで追尾撮影を開始しました。

今回のメインどころの「アンドロメダ大星雲」ですが、参加された方が撮影をされました。その際の赤道儀のセッティングと被写体の位置合わせを少しお手伝いをさせていただきました。撮影レンズはEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMでしたがファインダー内でその姿をぼんやりと確認することができました。

しばらくすると、だんだんと空がかすみがかってきました。赤道儀にセットしてあるレンズ、望遠鏡には曇り対策のカイロを取り付けてありましたので、全く影響がありませんでしたが、対策をしていなかったフィッシュアイはあっという間に曇ってしまいました。カイロの効果は絶大でした。カイロやレンズヒーターは必ず持っていきましょう。

12時を過ぎたころから、曇りがひどくなり、時折晴れ間が見えて時に少しシャッターを切ったり、中断したりの繰り返しをし、AM2時に撤収しました。

今後もこのような機会を作っていこうと思います。平日・深夜・現地集合などご参加されるにはなかなかむずかしい条件かもしれませんが、ご興味のある方は、次回はぜひご参加ください。

実習内容

 

  • ・広角レンズを使った星景写真(三脚固定)
  • ・ポータブル赤道儀を使った星野写真
  • ・天体望遠鏡を使った天体写真

ギャラリー

「天の川一直線」
canon EOS60Da
sigma 10mmF2.8DC FISHEYE
三脚固定
30秒 F2.8 ISO1600
「秋ですが夏の大三角形」
canon EOS60Da
sigma 18-35mmF1.8DC HSM Art
赤道儀で追尾 ケンコー スカイメモS
180秒×5枚合成
「北アメリカ星雲」
canon EOS60Da
天体望遠鏡
赤道儀で追尾 ビクセン GP2
180秒×15枚合成

プリントしたものを1Fカメラコーナーにて展示しています。

第二回トップカメラスタッフ撮影研修会

本格的な天体撮影!アンドロメダ大星雲を撮る

第二回は秋の夜空に浮かぶアンドロメダ大星雲の撮影を行います。赤道儀と望遠レンズを使った本格的な天体撮影です。他にも白鳥座の星雲やスバルなども狙います。この研修会はトップカメラスタッフのためのものですが、一般の方の参加・見学は自由です。


写真は昨年現地にて撮影したものです。

日時・場所など

日時 平成30年10月9日(火)
19:00~
悪天候の場合は、中止。
場所 高嶺山長者峰(現地集合) 天候により、大幅な場所の変更有り。
一般の方 無料で参加・見学できます。 事前お申込みの方には、中止や場所・時間の変更のご連絡をいたします。
内容 赤道儀を使った天体撮影、星空撮影 各自で撮影。初めての方には初歩的な説明もいたします。

必要なもの

デジタル一眼レフ一式(レンズは300~400mmを推奨) タイマー付リモートコード 赤道儀一式
三脚 レンズヒーター 赤色灯付ヘッドライト
パーマセルテープ 必要な電池(バッテリーなど)の予備 モニタールーペ
防寒具 食料・飲料 筆記用具

参考:スタッフKの装備

カメラ EOS60Da、EOSKissX4、EOSKissDigitalX(改)
レンズ T社天体望遠鏡焦点距離255mm、シグマA18-35mmF1.8DC他
赤道儀 ビクセンGP2、ケンコートキナースカイメモS
その他 タマイーリモートコード×2本、ハンドウォーマー×2個、パーマセルテープ、ヘッドライト、タブレットPC、オートガイド用カメラ、オートガイド用レンズ、バッテリー各2個、予備単三・単四電池、三脚スリックプロフェッショナルII、45Ahバッテリー、2500mAhモバイルバッテリー、コンパス、水準器、モニタールーペ、ライター、カッター、スマホ(撮影補助アプリ使用のため)、防寒具、食料、飲料、イス、六角レンチ、ドライバー他

ご注意

  • ・現地までの行き帰り、及び現地での事故・ケガ・病気など、その他トラブルに関しては一切の責任を負いかねます。
  • ・真夜中の撮影になりますので、体調管理・ケガ・事故等十分ご注意ください。
  • ・天候により満足のいく撮影が出来ない場合があります。
  • ・お申込みの方は、当日お電話にでられる状態でいてください。
  • ・食料・飲料・防寒具など各自でご用意ください。
  • ・中止や撮影場所・時間の変更がある場合がありますが、事前お申込みの方にはご連絡いたします。それ以外のお知らせや告知等一切行いません。

お申込み・お問い合わせ

トップカメラ店頭またはお電話でお申込み・お問い合わせください。担当 矢野・河合

tel 052-971-0111


 ページの上部へ